WEB ARRANGER Webアレンジャー

WEB ARRANGER – 横浜のWeb制作会社に勤務して10年目ぐらい。今思えば、大したデザインもしてないしクリエイトもしてなく、アレンジしてるだけだよな、と開き直った人間の備忘録としてのブログ

未経験からWebデザイナー・2

通ったスクールは、約1年で、前半は大学でいう一般教育科目みたい感じで、グラフィックの授業、HTMLの授業など受けたい科目を自分で選び履修し、後半はWEB、DTPのコースに分かれるようになっていました。

何しろ、Adobeのソフトというかグラフィックソフトをさわるのは初めてだったので驚きの連続でした。
「おお、整列した!」「これが、ドロップシャドウ!!」「よく分からないけど乗算にすると何とかなるね」とか隣のS君と驚いていました

生徒の中でも、経験者みたい人がいて、圧倒的実力差がありました。そういう人のちょっとした作品を見て思ったのが、
自分の得意なデザインが分かっている、自分の世界を持っている」ということでした。
今になってそれは当然だと思いますが、当時の自分とは次元が違っていました。/p>

3か月後には課題としてサイトを作成しました。
知人の美容院のサイトで、全て画像で作成し、DreamweaverMXが吐き出したコードそのままのとんでもないものでした。
Fireworksの本を参考にして(デザインも少々パクり)、徹夜で完成させました。
今思えば酷い出来ですが、当時はなかなか評判がよかったものでした。
知人に見せたときなど「これ本当に作ったの?」とか言われ、心地よかったことを覚えています。

後半のWebコースの講師の人は「WordPress 3.X 現場のワークフローで覚えるビジネスサイト制作」の林先生でした。
HTMLを見たとき、「こんなのできるわけない!」と思っていましたが、今現在それで生活しているので、何とかなるもんだと思います。
ちゃんと予習して、分からないこととかどんどん質問しておけばよかったな、と今になって思います。もったいないことをしました。

当時はCSS以前のテーブルレイアウト、IE6、Flash全盛の時期でした。
授業もFlashメインになってくると、付いていけなくなるときもよくありました。
まあ、それでもなんとか最後まで授業を出て、再びサイトを卒業作品として作って提出しました。(前回よりは何倍もよくできたつもりです)

そして最後の授業の日、林先生の言葉を今も覚えています。
約半年間の授業でしたが、このわずかな時間では全てを教えることはできません。
「もうちょっと自分で勉強してから転職しよう」と考えているといつまで経っても転職できません。この中の半数以上がそうなるでしょう。
技術は現場でこそ身に付きます。慎重になってないで、とにかく制作会社に入って現場でもまれて下さい。

多少、妄想や誇大表現はありますが、「迷わず行けよ 行けばわかるさ」的なことを話されました。
今でも覚えている深い言葉です。

私は10年近くWeb制作会社にいますが、何の面白みのない更新作業を繰り返すことにより生まれる効率化を求めた技術や、失敗を繰り返したことによる経験など現場じゃないと身に付かないことが多くありました。
慎重になってないで、行け!と私も思います。

次回、「ついに転職!」に続きます。